避妊手術

『Nyans BBS』



先日(12日の日曜日)から、ナナちゃんの発情が始まった。
体が小さいので、今週の土日に先生と相談して、手術の日にちを決めようと思っていた。
ところが・・・日曜日の午後には、本格的になり、慌てて電話で予約を取った。
段々と発情が激しくなるとばっかり思っていたら、2日くらいで発情が止まった。

ナナちゃんの発情は不思議な感じで、チム君に対してのみの発情だった。
同じように去勢をした男の子は他にもいるのだが、わき目もふらずにチム君一直線だった。

その手術の日は今日・・・
昨日の夜9時から絶食で、お水は朝までOKとなる。
午前11時までに病院へ預けて、午後6時~7時のお迎え。
片道1時間以上かかる所を2往復するのは、さすがに疲れる。
中年夫婦は、最後の力を振り絞った。

2匹はとても怖がりで、4日間くらいゴハンが食べられないかも知れないと言われた。
特にチョコちゃんの怯え方は酷くて、帰ってからも押入れの中に隠れようとする。
保温にも充分に気をつけないといけないので、ケージを2つ用意して
猫ベットの下には保温用のカーペットを敷いた。
2日くらいは、この状態で隔離しておかないといけないみたいだなぁ~・・・

とうたんと二人が交代で2匹の様子を見ている。

ナナ&チョコ姉妹のライムちゃんとノエルちゃんも今日が手術だった。
4姉妹は、手術の日にちも一緒です。
頑張れ!!小さな4姉妹!!!!

そんな訳で、あまり調子が良くないので、写真はまた・・・
[PR]
# by nyans13 | 2006-03-17 22:48 | nana&choco

忘れられた飼い主

『Nyans BBS』


e0082254_12562229.jpg


多分、この日記への登場が1番少ない子は、チャーくんになるだろう。
とにかく大人しくて、悪い事もしない。
怒られる事もまず無く、動画を撮っても静止画のような子。
ゴハンをもらう時に少し鳴くくらいで、後は自分の世界を持っている子なのだ。
そのチャーくんは2階の隠居部屋で、ピア&ミレイユ&チャト&ゴマと過ごしている。

e0082254_1313351.jpg

いつもは、私が朝も夜もゴハンをあげているが、土日になると少し寝坊をしてしまう為に
とうたんがたまにゴハンをあげてくれる。そんな形になり数ヶ月が過ぎている。
普段より30分くらい遅く起きてきた私にとうたんが言う。
「チャーくんがあまり食べなかったから、後できちんとやって。」と・・・
その後、しばらくしてから、私が2階へ上がり、いつものようにゴハンをあげた。
これまたいつものようにゴハン皿の前で鳴き、ゴマちゃんとの親愛のゴチンコをして
満足げのチャーくんを見ていて、ふと思った。
「ひょっとして、とうたんを忘れている?」

e0082254_1256463.jpg

チャーくんは不思議な子で、ゴハン皿に映る自分の影に驚く子だった。
少しの物音にもオドオドしてしまうような小心者の所もある。
でも、体は大きく、たま~に部屋の中を走り回る事もある。

とうたんにその事実を告げるのが、少し躊躇われた。
とうたんは、とうたんなりに一生懸命に猫に接しているだろうし、働いていてくれるからこそ
私と猫達は、ゴハンにありつける。
でも、どうしてもその思いをとうたんに話したい!
とうたんの様子を見ながら、その事実を話してみた。(やっぱり私は悪女?)
そうしたら、とうたんはその事実を受け止めていた。
「やっぱりそうかぁ~・・・」
飼い主としては少し寂しい部分があるにせよ、私は心の中で優越感に浸る。(うっしっし)

e0082254_13132622.jpg

それにしても、チャーくんの記憶力は、3日が限度かも知れない。
流れにまかせて生きるって、あの子のように暮らしていく事かもなぁ~・・・
[PR]
# by nyans13 | 2006-03-11 00:00 | char

ピア11歳

『Nyans BBS』



バタバタしていたら、すっごく久しぶりの日記になってしまった。(反省・・・)
開いていた期間は、色々あったけど、それはおいおい書いていこうと思う。

e0082254_112227.jpg

『3月9日にピアが11歳を迎えました。』

「肝硬変」との診断をされてから1年半が過ぎたけど、今は処方食だけで薬はなし!
3月末か4月の初めに再度検査を受ける予定になっている。

ピアは、我が家を購入した日に生まれた。
姉妹猫は前日に生まれていたが、ピアは日付が変わってから生まれた子だった。
「絶対に縁がある子」だと思い、迎える事に決めた。
11年前の5月の連休に我が家の一員となり、猫はまだジャスくんと2匹だけだった。
飼い主にも気持ち的に余裕が無かったからかも知れないが、2匹を一緒にするまでに
1ヶ月を要した。
それからのピアは幸せそうで、いつもジャスくんに付いて回っていた。

e0082254_113317.jpg

ドンドンと猫が増えて、ピアは居場所を失う。
トイレに入っていても、他の猫がピアを気にする。ピアはトイレから出られなくなった。
その結果、膀胱炎の繰り返し・・・無知な飼い主は、ピアの気持ちが分からなかった。

「肝硬変」と診断を受けた途端、ピアに申し訳ない気持ちでいっぱいになった。
「こんなに我慢してくれたのに、私は何も行動を起こさなかった。」と自分を責めた。
「たとえ残された時間が少なくなっているとしても、出来る限りの事をしてやりたい。」との
思いから、アビ軍団の隔離を決め、和室を洋室に変更した。
その後、ピアのオシッコが1日に2回~3回になり、量も普通になった。
(以前は1日に1度、大量のオシッコをしていた。我慢していたのだろう・・・)

e0082254_1132486.jpg

現在、その「隠居部屋」の住人も増え、ピアは何とかコミュニケーションをとっている。
私は、毎日のブラッシングで、スキンシップを計るように心かけている。
便秘気味な子なので、その点を注意してやらないと!!

大切な大切な私の娘・・・ピアには本当に苦労をかけた。
ピアの気持ちをもっと考えるから、これからも一緒にいて下さいね!
かあたんからのお願いです。

まだまだ現役には負けないくらいの可愛らしさいっぱい!!(*^_^*)
[PR]
# by nyans13 | 2006-03-10 00:00 | pia

「猫のためのホメオパシー」

『Nyans BBS』


e0082254_2123556.jpg

朝からの一応の家事をして、調べ物に時間を費やす。
ミレイユの「靱帯」に関するサプリメントは、注文したのだが
届くまでは気持ち的に落ち着かない。
猫の事を色々と考えているのが、私の趣味なので
毎日少しの時間でも本など調べている。

ネットで検索をかける時に「猫」に限定しないようにしている。
「犬」に関するHPは、とても情報が多し、「猫」にも使える商品などが多い。
そんな風に検索をするので、時間はとてもかかる。

e0082254_2135488.jpg

今日は、その成果が出て、数年前から欲しかった本を見つけた。
実は、ホメオパシーにはとても興味がある。
以前、「ペットのためのホメオパシー」と言う本を購入したが
Cat Homeopathy」なる本がある事は知っていた。
でも、日本語に訳されている「猫」に関する本がない・・・それがもどかしかった。
そんな中、日本語として翻訳された本が出版された事を知った。
もう喜んで購入してしまった。
猫のためのホメオパシー」と言う本なので、興味のある方は、見て下さいね!
犬のためのホメオパシー」も発売されてるので、こちらもご連絡・・・

e0082254_2183417.jpg

今年は、色々と勉強してみようと思っているので、脳を柔らかくしておかないと・・・
[PR]
# by nyans13 | 2006-02-20 20:57 |

マロ危うし!?

『Nyans BBS』


e0082254_2030238.jpg

昨日の夜のドライフードの時間・・・
いつものようにユン、メイ、マロ、モナの1階組みが、とうたんにゴハンを貰っていた。
一斉に食べ出す。その様子をぼんやり見ていたら、マロが急にむせ出した。
何かを吐くのだろうと思っていたが、何も出ずに苦しそうになってきた。
「マロ!マロ!」と夫婦で背中を叩いたり、喉を擦ってやったりして10分近くを要した。
やっと普通に呼吸が出来るようになり、マロも怖かったようで、その後は静かに寝ていた。
呼吸が不安定になった時、マロは口から泡を吹いていた。
私は心の中で思う・・・「マロが1番最初に死んじゃうんだろうか・・・」
漠然とそんな言葉が頭をよぎった。

e0082254_2031023.jpg

マロと生活していると、この子の元気さに驚く。
「この子の寿命は30年」と、とうたんと良く話していた。
そのマロが、あんな風に泡まで吹いて苦しがるなんて・・・
マロの良さが浮かんでは・・・・・・消えた。(お~い!!)

e0082254_20311715.jpg

そのマロは、尻尾の部分に何かが触れると、すごい勢いで威嚇する。
前からそうだったのだが、最近は頻繁になってきたので、病院で診ていただく事にした。
診察台の上で、少し怖がりながら、診察を受けた。
先生は、マロの下半身をしっかりと調べて「異常はないよ。」と言ってくれた。
気持ちが楽になる・・・
マロの尻尾は、とても短くて、「そう言う子で神経質な子だと気にする事がある。」と
説明してくれた。
良かったね!マロ!!まだまだ「ダミアン・マロ」は健在だね!!

e0082254_20342166.jpg

ミレイユの調子は今日は少し良い。ミレイユの底力はすごいと思う。

病院の看護士さんからは「どうしてミレちゃんは生きていられるんでしょうか?」と
言われるほどだ。
私にも、その不思議な力は分からないが、ミレイユの力は尋常なエネルギーではない。
私は生きていく事に、こんなに前向きでいられるのだろうか?
自分の命が終わるまで、ミレイユに恥ずかしくないように生きないと・・・と改めて思う。

いつになるかは分からないが、最後の最後までしっかりと受け止めてやらなければ・・・
[PR]
# by nyans13 | 2006-02-19 22:02 | maro