ミス

e0082254_20385145.jpg


私のミスでミレイユにまた辛い思いをさせてしまった。

昨日、私は「隠居部屋」でミレイユと寝ていたのにも関わらず
明け方の温度調節の時間が遅くなった。
昨日から頭痛が酷く、明け方にも鎮痛剤を飲んだ。
そのせいで少しの間、ぐっすり眠ってしまった。大失敗!!!

午前中は、何事もなく過ごしていたが、午後になり部屋へ入り愕然とした。
部屋の至る所に血痕がある。
ピアの膀胱炎の時とまるで同じ。
「またピアが膀胱炎になったんだろうか?」と思い
ピアのお尻を見たが、何の痕跡もない。
「え?ミレイユ???」半信半疑でミレイユのお尻を見たら
濡れた状態になっていた。
またまた私はパニック!!!

夕方の缶詰の時間になっても食べられない。
部屋を暖かくして、水分を摂らせていたら、何とか良くなって来た。
その後の缶詰は、私の手からは食べられるようになった。
今は、猫ベットの中で寝ている。

数日前から気になっていた事がある。
ミレイユは、腎臓用の処方食を食べる必要はないと言われていた。
私の勝手な判断で、腎臓用の処方食を食べさせていた。
(少しでも数値が下がり、ミレイユが少しでも楽になって欲しいと
思っていたからなのだが・・・)
その思いが、ミレイユの負担となってしまった。

元々、硝子細工のような子で、育てるのに大変な思いをしてきた。
そして今・・・その硝子細工の傷が増えてきているのに
私は、また大きなミスで、硝子細工を割ってしまう所だった。

何とか栄養をつけて元気を取り戻させる事に執着したい。

「ミレちゃん、ごめんね・・・」
[PR]
# by nyans13 | 2006-05-15 20:26 | mireiyu

記録

昨日(5月12日)から体調がグンと良くなったような感じになる。
5月11日(金)に少しだけ嘔吐があったが、1度だけで終わった。
その後はなし・・・便は2日置きに出ているので、今の所はトイレで力んだりはない。
私といる時間が、とても嬉しいようで、私としてもなるべく一緒に居てあげたいが
他の子達の世話もある。
なかなか思うようにいかないもだなぁ~・・・多頭飼いは、こんな状態が困る。

足の調子は悪い。
でも、足の状態を除けば、普通の子と変わらないまでに回復した。
腎不全のⅢ期なので、これからⅣ期へ移行の時間を延ばす事に一生懸命にならないと!!
自分に気合を入れている今日この頃です。

e0082254_19355314.jpg


左 これでもまだ1番不調な時より随分マジな状態
右 今朝の表情
表情だけでもこんなに変化してきた。
[PR]
# by nyans13 | 2006-05-13 19:29 | mireiyu

記録

5月8日(日)
尿の採取に失敗。


5月9日(火)
ミレイユのオシッコとピアのオシッコがやっと採れた。それを持参して病院へ。
今日は、ピアの血液検査があるので、採れたオシッコも調べてもらう事にした。
ミレイユには「多飲多尿」は見られず、どちらかと言うとピアの方がその感じはある。
でも、結果はピアは正常値でミレイユはやはり「測定不能」だった。

ミレイユは、とても体がだるいようで、眼がしっかりと開かない。
先生にその点を聞いてみたら、「体がだるいのだろう。」と言われ、気分が凹む。
人間と同じように腎臓が悪くなると体がだるいし、疲れやすいのだろう。

食事した後が要注意。すぐに疲れた感じになってしまう。
一気に食事を食べさせずに回数を増やす事と水分の摂取に気を使っていこう。


5月10日(水)
今日は久しぶりに朝から状態は良さそう。
ドアの向こうにミレイユの大きな瞳があると安心する。
食事の量の調節をする。
2日ぶりに便あり。

****************************************************

皆さんからたくさんの励ましをいただき、出来る限りを尽くしてやりたいと思います。
薄皮を剥ぐように少しづつでも良い方向へ向かうようにしてやりたいです。
彼女は、気持ちを前向きに持って、「凛」として生きています。
きっとあの子は、最後の最後まで、この姿勢を貫いてくれると感じています。
その最後が、まだまだ先である事を願うばかりです。

****************************************************
[PR]
# by nyans13 | 2006-05-10 22:01 | mireiyu

その後・・・

ミレイユのその後を記録として・・・

4月22日(土)
先日の18日の様子を見ていて気になったので、やはり病院へ連れて行く。
問診をした後で血液検査。結果は悪い。
なるべく早めに尿を持って来て欲しいと言われる。
「腎不全」だと言われる。
活性炭のサプリメント(ネフガード)を1日に3錠飲ませる事になる。
今まで飲んで来た薬は、先生からの指示で3種類になった。

4月26日(水)
尿が採れたので、病院にて検査。
「測定不能」の文字に愕然となる。
「この数値では処方食を食べたから下がると言う問題ではないので
喜んで食べる物を食べさせてやって欲しい。」と言われた。
体が震えそうになる。
「もうそんなに生きられないの?」との問いに「こればっかりは分からない。」と言われた。
「急に変化してしまう事があるのだが、その時期が分からない。」とも言われる。
帰り道、この10年の彼女の頑張りを思い涙が出そうになる。
「後、私が出来る事はなんだろう・・・?」

その後、体調は良かったり悪かったりを繰り返す。

5月4日(木)
体調が悪そうなので病院へ。
活性炭のサプリメント(ネフガード)を飲ませて毒素を出さなくてはいけないのだが
2日に1度の便になっている。
便が出ない日は、とても体調が悪そう。
便秘にならないように気をつけてやらないといけない。

先日の尿検査の外注からの結果が届いていた。
やはり結果は良くない。

5月6日(土)
注文していた「シャンペットプロ」が到着。
味などが、口に出来るか疑問があったので、袋単位で変える所で注文した。
舐めてみたら、そんなに気になる味ではないようなので、とりあえず4/1を飲ませる。
少しづつ増量してみようと思う。

ドライフードが食べられないくなっているので、1日に4~6回の缶詰ONLYの食事となる。
体調はあまり良くない。

5月7日(日)
朝から体調は良さそうだ。
缶詰は処方食のk/dにしている。
処方食で数値が下がる訳ではないが、下痢が怖いので、与える物と量を考えてしまう。
体調が悪くなっても嘔吐、下痢、頻尿もなし。
今日のような状態が続いてくれると少し安心できるのだが・・・

明日の朝にかけてオシッコの採取を頑張らねば・・・病院での検査がある。
[PR]
# by nyans13 | 2006-05-07 22:06 | mireiyu

底力

『Nyans BBS』


e0082254_21442110.jpg

18日の夜からミレイユの調子が落ちた。
「隠居部屋」に私が入っていっても寄って来ない。
ミレイユは、いつも先頭で私を待ち構えてくれているような子なので
「ミレちゃん、どうしたの?」と声をかけた。
目が開かないようで、少しぐったりしてしまったミレイユ・・・

実は、暖かい日が続いたのを良い事に1日だけオイルヒーターを付けずに寝た。
そして、次の日に投薬を忘れた。それがダメだったようだ。

この日は、私も頭痛があり、家事を済ませて薬を飲んで横になりたかった。
でも、ミレイユの調子が悪い。一人で病院へ連れて行くには風が強くて寒い。
とうたんに連絡を取ったが、残業になりそうだと言われ、私が出来る事を探した。

ミレイユを見ていて、毛が立ってきているのが分かった。
食べる事も出来ないけど、怖いのは脱水だと思った。
猫用のポカリを病院から貰って常備していた物も切れてしまっていた。
人間用のポカリや蜂蜜をぬるま湯で薄めてシリンジで何度も口の中に入れた。
後、使える物は・・・?と「免疫サポート」も薄めてやった。
少しづつ何度も何度もミレイユの口の中へ流し込む。

夜になりほんの少しだけ缶詰を口にするようになった。
その後も水分の補給・・・「隠居部屋」で雑魚寝状態で過ごした。

次の日(私の頭痛も少しは治まってきたのだが)また水分補給を始めた。
シリンジで入れるのを嫌がったミレイユが急に自分から「免疫サポート」を口にした。
まるで「ミレちゃん自分で飲めるから大丈夫!」とでも言っているかのように
お皿からペロペロと舐めだした。
自力で口から摂取できる事ほどありがたい事はない。

e0082254_21444112.jpg

今日(20日)は、朝からドライフードをバリバリ食べられるまでに回復している。

彼女と暮らしていると不思議な力を感じる。
生まれて4ヶ月から発病し、すぐに体調を崩しなから、今年で11歳を迎えようとしている。
彼女が体の調子が良く過ごした時間などは、合計したってどの位あっただろう?と
思えるほど、皮膚の色だって、口腔内の色だって、毛の色だって、黒ずんだ色をしている。

唯一、彼女の眼だけは、いつも生き生きと私を見つめてきた。
その眼の強さが意思の強さとなり、命の強さになっている。

私との時間は、後、どの位残っているのだろうか?
そう思い彼女を眺めると「かあたん何?」と問われているようで、笑顔を作る自分がいる。
[PR]
# by nyans13 | 2006-04-20 21:31 | mireiyu