カテゴリ:char( 1 )

忘れられた飼い主

『Nyans BBS』


e0082254_12562229.jpg


多分、この日記への登場が1番少ない子は、チャーくんになるだろう。
とにかく大人しくて、悪い事もしない。
怒られる事もまず無く、動画を撮っても静止画のような子。
ゴハンをもらう時に少し鳴くくらいで、後は自分の世界を持っている子なのだ。
そのチャーくんは2階の隠居部屋で、ピア&ミレイユ&チャト&ゴマと過ごしている。

e0082254_1313351.jpg

いつもは、私が朝も夜もゴハンをあげているが、土日になると少し寝坊をしてしまう為に
とうたんがたまにゴハンをあげてくれる。そんな形になり数ヶ月が過ぎている。
普段より30分くらい遅く起きてきた私にとうたんが言う。
「チャーくんがあまり食べなかったから、後できちんとやって。」と・・・
その後、しばらくしてから、私が2階へ上がり、いつものようにゴハンをあげた。
これまたいつものようにゴハン皿の前で鳴き、ゴマちゃんとの親愛のゴチンコをして
満足げのチャーくんを見ていて、ふと思った。
「ひょっとして、とうたんを忘れている?」

e0082254_1256463.jpg

チャーくんは不思議な子で、ゴハン皿に映る自分の影に驚く子だった。
少しの物音にもオドオドしてしまうような小心者の所もある。
でも、体は大きく、たま~に部屋の中を走り回る事もある。

とうたんにその事実を告げるのが、少し躊躇われた。
とうたんは、とうたんなりに一生懸命に猫に接しているだろうし、働いていてくれるからこそ
私と猫達は、ゴハンにありつける。
でも、どうしてもその思いをとうたんに話したい!
とうたんの様子を見ながら、その事実を話してみた。(やっぱり私は悪女?)
そうしたら、とうたんはその事実を受け止めていた。
「やっぱりそうかぁ~・・・」
飼い主としては少し寂しい部分があるにせよ、私は心の中で優越感に浸る。(うっしっし)

e0082254_13132622.jpg

それにしても、チャーくんの記憶力は、3日が限度かも知れない。
流れにまかせて生きるって、あの子のように暮らしていく事かもなぁ~・・・
[PR]
by nyans13 | 2006-03-11 00:00 | char