カテゴリ:病院( 1 )

嬉しい~♪

『Nyans BBS』


e0082254_20364942.jpg


ピアとミレイユを連れて病院へ行った。
去年末からの血液検査が、寒さで延期となっていた。
今日は、暖かいので、OKだろうと出掛けて行った。

いつものようにミレイユは、二人掛で、何とか採血できた。(ミレイユは気が強い。)
一方、ピアは、これまたいつものように大人しく、一人で楽に採血できる。
待つ事数分・・・2匹の検査結果が出た。

ピアは、2004年8月にアンモニアの数値が高くなった。
それからずっと「モニラック」と言う液体の薬を使ってきた。
「多分、ずっと飲ませる事になると思う。」と先生に言われていたし、私もそう思ってきた。
ドロドロの液体を口に入れるのは、大変だったのだが、毎日毎日4CCを飲ませてきた。
今日の結果は、数値的にOK!!先生から「しばらく止めよっか・・・」と言われた。
「え?ホント!?嬉しい~♪」と私・・・ピアだって、きっとそう思っているに違いない。

e0082254_20372492.jpg


前回、前々回と同じくアンモニアの数値が高かったミレイユ。
こちらもピアと同じく数値が下がっていた。(でも、まだ少しだけ高い。)
ミレイユも「モニラック」を毎日飲ませてきた。
その「モニラック」を違う薬に変更する事になった。
今度の薬(プロヘパゾン100)は、粒状の薬だし、1日1錠だから少し楽!!
ず~っと飲んできた薬と合わせて、5種類の薬となるが、ミレイユは頑張ってくれると思う。

最近、病院へミレイユを連れて行くと、先生はとても嬉しい顔をする。
「お前は、本当に頑張ってるなぁ~・・・良く生きているよなぁ~・・・」と
今日も嬉しそうにミレイユに話掛けてくれた。
「どんな事があっても、みんな克服してきたもんなぁ~・・・」とも言ってくれた。
「飼い主も本当に頑張ってると思うよ。」と私達の事も誉めてくれた。
その瞬間、私はこの10年間の事が頭をよぎり、胸が熱くなった。
私達は、ミレイユの飼い主となれて、本当に良かったと思う。
いつも頑張って生きているミレイユを誇りに思う。

でも、先生が居なかったら、ミレイユは生きられなかった。
ミレイユの事を心配して、真剣に治療にあたって下さった。
ミレイユがダメかも知れないと言われた2歳の時・・・あの時の気迫を私は忘れない。
「この子を助けてやらないと・・・」そんな真剣さが伝わる思いがした。

今、ミレイユは、歩行が困難になってきている。
手術をすると、歩行は楽になるだろうが、ワクチンも打てない体では、麻酔は無理だろう。
サポーター的な何かが見つかると良いのだが・・・
私達夫婦がミレイユに出来る事を真剣に考えてやりたいと思う。

何か良い考えをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さいませ・・・m(__)m

e0082254_20385746.jpg

[PR]
by nyans13 | 2006-01-28 20:46 | 病院