カテゴリ:chat( 1 )

レメディ

『Nyans BBS』


e0082254_224475.jpg


私の可愛い『天使のチャトくん』は、人間で言うと『異常な小心者』かも知れない。
抱っこが嫌いで、爪きりも大嫌い!!挙句の果てには、私の手首を噛んで猫キック!!
これが、すごく痛くて傷になる。
病院なんて大嫌いだし、診察室で大暴れをして、診察中を走り回った。
注射液やら何やらの薬は全滅状態で、飼い主夫婦は、呆然と立ち尽くした事が
あった。
それから年に1度のワクチンは、病院の大掃除が終わる前に連れて行く。
何に関しても怖くて怖くていつも大暴れ・・・そんな子なのだ。

猫同士では、とても穏やかな子なのだが、人間(特に私)に関しては、凶暴になる。
高齢猫を隔離した「隠居部屋」でも、あの子は自分でその部屋に入りたがり
それからず~っと、その部屋を住処としている。

e0082254_2243164.jpg


チャトは、お友達のyuzunaさんの保護猫だった。
保護された時の写真を見て、私はチャトに一目惚れだった。
そして、保護された日が、ミレイユの誕生日だった。
「きっとミレイユを守ってくれる子に違いない!」と思ってしまった。
(そのミレイユとは「隠居部屋」で、着かず離れずに関係を持ってくれている。)
yuzunaさんのお宅へお邪魔した時に、チャトが保護された場所を教えていただいた。
高級そうな住宅街だったが、人通りはなく、寂しい感じの場所だと思った。
小さなチャトには、この光景がどのように写っただろう・・と思ったら
チャトの心細さや寂しさが、私の心に響いてくるようだった。

そして今・・・
チャトは、あの時と同じ感覚を持っていないだろうか・・・?と心配になる。

e0082254_225295.jpg


あの子に接していて、フラワーレメディが効果があるのでは?と思えるようになった。
でも、そのレメディが定まらない。
ペットに使えると思えるレメディを色々と探している内に、あるレメディが気になりだした。
これは、植物のレメディではなく、野菜のレメディとなっている。
気になると、止まらない私の性格は、すぐに資料請求をしていた。
その後、このレメディの初歩の初歩的な講習会があるのを知る。
そうなると、ますます居ても立ってもいられない。
2時間の短い講習会だが、(講習会の費用も安い)高い交通費を払って
出掛ける予定にしている。

何とか猫に役立てたい・・・チャトの気持ちをほぐしてやりたい・・・
そして、チャトの甘える声を聞いてみたい・・・そんな思いが膨らんでいる。

e0082254_2252068.jpg

[PR]
by nyans13 | 2006-01-17 21:33 | chat